もしサブスクするなら私はおもちゃにする
2022年5月3日

小学校入学を意識しておもちゃのサブスクを利用

子供が5歳にもなると、だんだんと小学校入学を意識するようになり、学校生活をする上で必要となる基礎学力を身に付けさせたい、学校で困ることがないようにしつけをしたいと考える親も多くなります。保育園や幼稚園に通っているのであれば、机に向かい実際に勉強をさせることも有効です。しかしおもちゃのサブスクを利用して玩具で遊ぶことでも、学びの基礎になる力を楽しみながら培うことができるでしょう。5歳以上の子供が利用できる玩具もおもちゃのサブスクに多数ありますが、そのような中でも小学校入学を意識して玩具を選びたいところです。

5歳位の子供は記憶力もだんだんと高まり、自分が見たものや聞いたことを少しずつ正確に覚えられるようになっていきます。一時的に記憶を保持することはもちろんですが、長期的にも覚えておくことができるので、親子でこれまで後思い出話を共有することができたり、約束を守ったりできるようにもなります。理解力も飛躍的に成長するため、言葉の意味、数字が示しているもの等のような基礎的なものから、物事の因果関係などの複雑なものに至るまで、多くの概念を理解できます。このようなことから、5歳以上の子供におもちゃのサブスクを利用して玩具を与える場合には、記憶力や理解力をしっかりと育んでいけるかどうかをチェックする必要があります。

その中でも、記憶力や理解力を高めるためにも、向上心を持たせることが有効です。そのためにも勝ち負けのある玩具を選んでみましょう。勝ったときには大きな喜びや達成感、負けたときには悔しい気持ちを抱き、向上心も芽生えるはずです。おもちゃのサブスクのことならこちら

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です